どうすれば英語の読み書きや会話がそこそこできるようになるのか。

海外に旅行するのももちろん、移住するとか、滞在するとなると、まず必要なのは英語になります。
もちろん、スペイン語など公用語が英語以外の国もありますが、とりあえず英語は必須になってきます。

わたしが思うに、いちばんの上達方法は、「実際に海外に行ってみる。英語に触れる。」ですね。
集中的に勉強漬けになれる、語学留学がいちばんの早道なのではないかなと思っています。
スペイン語を習得したいなとも思っていて、その際には中米の国でしっかり学びたいです。

さて、英語についてですが、わたしは東南アジア 2泊3日とか、ニューヨーク 1泊3日とかの弾丸旅行を会社勤め時代によくやっていました。

金曜の夜。
ニューヨークのスーパーで、レジ係の方が支払いを済ませたお客さんひとりひとりに、
“Have a good weekend!”
と言っていました。

自分がこれを言われたらどう返事したらいいのかな?と考えていました。
お客さんはと言うと、みんな、
“You, too.”
と返していました。

なるほどー!と思いまして、自分も使ってみたのでした。

こうやって、徐々に使える言葉を海外へ行くのを繰り返しながら、増やしていきました。

カリブ海にあるアメリカ領ヴァージン諸島のセントトーマス島へ、ダイビングをするために2006年から2007年にかけて、3回訪れました。
それぞれ現地で1週間ほどの滞在でした。

第1回目。
ダイビングショップのオーナー夫妻と晩ごはんをご一緒して、いろいろと話に花を咲かせた・・・、つもりでした。
島をあとにする日の前夜に、やはり晩ごはんをご一緒していたのです。
オーナーさんは、「ヤマシロは、Yes と No と OK だけしか言わなかったねー」とおっしゃいました。

がーん・・・。

中学・高校・大学と、割とまじめに英語の勉強をしていたのに、このザマでした。

フォローしてくださったのは、「ヤマシロは、語彙力があるから、あとはしゃべってみること。」と、アドバイスをいただきました。

第2回目、第3回目の訪問と重ねるうちに、ぎこちなく観光客レベルながらも、徐々にしゃべれてきたように思いました。

2012年から2013年には、マレーシア・クアラルンプール市内のコンドミニアムに住んだり、2020年には3ヶ月間滞在したりしていました。

市内からクアラルンプール国際空港まで、荷物が多いときにはタクシーを使うことがほとんどです。
所要約1時間ちょっとですが、運転手さんがおしゃべりの人だと、むしろ幸運!と思って、英語でがんばっています。
1時間のおしゃべりを続けるとなると、英語がしゃべれるというより、もう話題が切れないかどうか、というレベルになってきますねー。

Please follow and like us:

おすすめ記事